airCloset(エアークローゼット)

airCloset(エアークローゼット)で実際にあったトラブルまとめ!

2020年2月4日

airCloset(エアークローゼット)で実際にあったトラブル

airCloset(エアークローゼット)は月額料金を支払うことで、自分にあったファッションアイテムをレンタルできるサービスです。
若い女性からオフィスで活躍する30代、40代の女性にも人気があり、年々知名度を高めています。

ファッションレンタルサービスの中でもとくに人気のairCloset(エアークローゼット)ですが、安全に利用することはできるのでしょうか。
実際にairCloset(エアークローゼット)とユーザーの間で起きたトラブルをご紹介します。
事前に確認しておき、万が一のトラブルにも柔軟に対応できるようにしておきましょう。

【最新2020年版】airCloset(エアークローゼット)でファッションレンタルする方法!

 

airCloset(エアークローゼット)のトラブル①服の状態が悪い

 

airCloset(エアークローゼット)に寄せられた口コミの中でもとくに多いトラブルが、洋服の状態が悪いというものです。
ほつれや毛玉、しわ、シミ、においが気になって返却したというトラブルもあります。
airCloset(エアークローゼット)の洋服は基本的にクリーニングされ、きちんと保管されたものばかりですが、中には見落とされてこのような不良品が届くこともあるようです。

airCloset(エアークローゼット)で実際にあったトラブル
また、シワになりやすい素材の洋服はダンボールに入れられているときにたたみジワができていることもあります。
シミやほつれなどは実際に着用すれば気にならないものもありますが、やはり気分的に良くなかったり、どうしても気になってしまう方もいます。

匂いが気になる洋服は洗っても取れなかったり、洗う手間自体が面倒と感じる方も多いです。
airCloset(エアークローゼット)の月額料金は新しく洋服を購入するよりもお得ですが、それでも決して安い料金ではないので、最初から綺麗な状態の洋服を届けてほしいですよね。

 

服の状態が悪いときの対処方法

 

airCloset(エアークローゼット)から届けられた洋服の状態が悪かった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
シミやほつれなどがあって気になる場合はairCloset(エアークローゼット)に直接問合わせましょう。
場合によっては返却の際の送料を無料にしてくれます。

その洋服の弁償などをする必要はありません。
シワについては自分でアイロンをかけるしかないようです。
不便だと感じる場合は、事前にシワになりにくい服をリクエストしておくと良いでしょう。

 

ニットなどの毛玉は問合わせたところ自分で処理してくださいとの返答がありました。
毛玉を一つ一つ取るのは面倒ですし、毛玉を取る際に洋服を傷めてしまうと弁償しなければなりません。
毛玉が気にならないようなコーディネートを考えるなどの工夫が必要です。

届いた服にトラブルがあった場合は3日以内にairCloset(エアークローゼット)に連絡することできちんと対処してくれます。
また、トラブルがあった洋服だけを交換することはできず、レンタルした洋服をまとめて返却しなければなりません。

 

airCloset(エアークローゼット)のトラブル②好みの服ではない

airCloset(エアークローゼット)は自分でレンタルしたい洋服を選ぶのではなく、スタイリストがあなたにぴったりのアイテムを提案して届けてくれます。
その中でも、やはり自分には合わない洋服が届いたというトラブルは多いです。
季節感のない洋服や、年齢に合わない洋服スタイルに合わない洋服などが届いた場合はどうすれば良いのでしょうか。

airCloset(エアークローゼット)で実際にあったトラブル
基本的に「自分の好みではない」という理由でairCloset(エアークローゼット)でレンタルした洋服を無料で交換してもらうことはできません。
着まわしを考えてみたり、自分の好みではない洋服にもチャレンジしてみるしかないようです。

レギュラープランであれば返却することで新しく洋服を届けてくれるので、何度か交換してみることもおすすめです。
その都度送料が300円かかってしまうという点には注意しましょう。

 

好みではない服が届いたときの対処方法

 

airCloset(エアークローゼット)で自分好みの洋服を届けてもらうには、とにかく細かく要望をスタイリストに伝えることが大切です。
届いた洋服一着一着について細かく感想を伝えて、気に入った点、気に入らなかった点を伝えましょう。

また、どのようなブランドや系統が好きなのか、自分に合うファッションアイテムはどんなものなのか、コンプレックスはあるのかなどと伝えることで次回に活かしてもらうことができます。

NGリストも用意されており、届けてほしくない洋服をリストに入れておけます。
タイトスカートが苦手、派手な柄は避けたいなど、自分の好みだけでなく苦手なアイテムもきちんと伝えることで失敗しにくくなります。
初回から数回は自分に合わない洋服が届いても、これらの設定や要望を続けることで自分の好みをスタイリストが把握しやすくなります。

 

airCloset(エアークローゼット)のトラブル③服を汚してしまった

 

airCloset(エアークローゼット)でレンタルした洋服を着用しているときに汚してしまった、というトラブルもあります。
届いたときから汚れていた場合は無料で交換してもらうことができますが、自分で汚してしまった場合は弁償しなければならないので注意しましょう。

しかし、日常の利用であまり気にならない程度の汚れであれば修繕費用は発生しません
丁寧に取り扱うに越したことはありませんが、あまり神経質になりすぎることもないようです。
インクや化粧品、食べ物などの目立つシミや色落ちで修正が可能な場合はライトプランの場合1着1200円、レギュラープランの場合は1着800円の代金を請求されます。

 

airCloset(エアークローゼット)で実際にあったトラブル

 

その他の故障、汚れについても細かく修繕費用が設定されているので、不安な場合は公式サイトをチェックしてみましょう。
修繕不可能なレベルの汚れ、故障の場合は弁償代金を支払わなければなりません

その場合は、ライトプランの方は会員価格で洋服の代金を支払う必要があります。
レギュラープランの場合は会員価格の10%の代金が必要です。

服を汚してしまったときの対処方法

 

airCloset(エアークローゼット)でレンタルした洋服を汚してしまった場合は、ます汚れの程度を確認しましょう。
小さな食べ物のシミ、泥はね、ほつれ、毛玉程度なら弁償料金を請求されることはありません。
airCloset(エアークローゼット)自体がレンタルした洋服をその都度クリーニングに出しているので、それで補える程度の汚れであればairCloset(エアークローゼット)が処理してくれます。

 

しかし血で汚れたり、ファンデーションやインクなどがついたりと、クリーニングでも取り除きにくいシミ、洋服の目立つところにできた大きなシミクリーニングでも取り除きにくいシミ、洋服の目立つところにできた大きなシミなどは弁償料金を請求されることがあります。
この判断はairCloset(エアークローゼット)の規定がありますので、自分で判断するのは難しいです。
何も言わずに返却しても代金を請求されることがありますが、不安な場合は返却の際に一言添えておくと良いでしょう。

 

airCloset(エアークローゼット)のトラブルを回避しよう

airCloset(エアークローゼット)で起こりやすいトラブルをご紹介しました。
服の状態が悪かった場合は返品交換できることもありますが、送料負担となるケースもあります。
好みでない服だった場合も基本的には送料無料での交換はできないので注意しましょう。

 

airCloset(エアークローゼット)で実際にあったトラブル

また、汚してしまった場合は弁償しなければならないケースもあるので、大切に扱わなければなりません。
トラブルの対処法を事前に確認して、慌てないようにしましょう!

airClosetの詳細はコチラ

  • この記事を書いた人

fashon-rental-time

ファッション大好きな女性に向けて、大人気のファッションレンタルサービスについて、サービスの内容や料金プラン、今話題のファッション系サブスクサービスの最新情報を紹介をしています!

-airCloset(エアークローゼット)
-

Copyright© Fashion Rental Time , 2020 All Rights Reserved.